ジンバブエでの生活の事や途上国や日本の教育政策の事について書いています(ここでの見解は個人の見解であり、所属団体の見解ではありません)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 多様化する日本人の結婚
2011年07月21日 (木) | 編集 |
男性が低収入層を中心に結婚を諦め、女性は晩婚化が進む、そして、2020年には男女の平均初婚年齢が同じになるかもしれない、という興味深いレポートがあったので、本当に男女の初婚の平均年齢が並ぶ事がありうるのかなと思い、結婚について色々調べてみました。今回のデータは厚生労働省の平成18年度「婚姻に関する統計」の概況から来ています。


そもそも論として、女性の初婚平均年齢が男性よりも上である国があるのかなと思い、UNのサイトで調べてみたのですが、どうやら世界にはまだ女性の初婚平均年齢が男性のそれを上回っている国はないようです。もし、2020年以降日本で女性の平均初婚年齢が男性を上回ったら…、胸熱ですね。下に挙げたグラフは初婚夫婦の年齢差の昭和50年と平成17年の比較です↓↓
AAA.jpg

たしかにこの30年で女性が年上の、いわゆる姉さん女房のケースが倍増していますね。この事も女性の晩婚化を象徴するデータだと思います。ただ、5年前でもまだ妻が年上というケースは妻が年下というケースの半分にも満たないので、姉さん女房がメジャーとなるのはまだしばらく先の話になりそうです。



次に興味深かったのが、初婚・再婚比率の変化です。近年になって離婚率が上昇しているので、夫初婚・妻初婚の夫婦が減少しているのは予想がつきますが、一体どの程度変化は↓のグラフです。
BBB.jpg

この30年間で一年間の結婚件数は30万件近く減少していますが、その中に占める再婚カップルの割合は上昇しています。データによると、双方共に初婚の場合と比べて、男性側が再婚の場合女性の結婚平均年齢は1.6歳、女性側が再婚の場合男性の結婚平均年齢は4.3歳高いので、この事も姉さん女房の増加と共に晩婚化の象徴的な出来事だと言えるでしょう(晩婚化が進んだから初婚-再婚カップルが増えたのか、初婚-再婚カップルが増えたのが晩婚化を推し進めたのかは僕には分かりませんが…)。

加えて、未婚率が上昇しているにも拘らず、初婚-再婚カップル及び再婚-再婚カップルの婚姻に占める割合が上昇している事から、結婚しない人は結婚しないのに結婚する人は何度も結婚したりする、結婚の偏在化が進んでいる事が読み取れます。「結婚するのは判断力の欠如・離婚するのは忍耐力の欠如・再婚するのは記憶力の欠如」というアラマン・サラクルーの言葉が正しければ…、判断力に優れた人が増える一方で、忍耐力と記憶力に乏しい人も増えている…のでしょうか?



最後に国際結婚に関する統計です↓↓
CCC.jpg

このグラフから分かるように、この10年間で男女共に国際結婚をするカップルが増えています。先程も述べたように、結婚件数自体が減少しているので、これは興味深いなと思います。数字的には外国人と結婚する男性の方が圧倒的に外国人と結婚する女性よりも多いので、日本人男性のほうが日本人女性よりももてる…、のかもしれません。ただし、お相手がアメリカ人・イギリス人のケースに絞ってみると、日本人女性の方が日本人男性よりも、これらの国々の人と結婚しているので、「世界=欧米」という視野の狭い人たちによって日本人女性はモテるという幻想が作り出されたのかもしれません。

しかし、外国人と結婚する人や留学する人も増えているのに、最近の若者は引きこもりだなんて言っている人が見受けられますが、一体どんな根拠を持ってしてそんな事を言っているんでしょうかね(苦笑)?



以上のデータを見ると、①夫婦間の年齢差のあり方が多様化している、②初婚-初婚に囚われる事なく、初婚-再婚、再婚-再婚の様に結婚のあり方が多様化し、かつ結婚の偏在化が進んでいる、③国際結婚をする日本人が増えている、という事から日本人の結婚のあり方がここ30年ほどでかなり多様になりつつある事の一側面が見えてくるかと思います。

初産の平均年齢が39歳のでかつ色んな国籍の人がいる職場にいながら、年下の日本人と初婚同士で結婚する予定の僕は、自分が思っていたよりも保守的なのかもしれませんね。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。