ジンバブエでの生活の事や途上国や日本の教育政策の事について書いています(ここでの見解は個人の見解であり、所属団体の見解ではありません)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 どうしてメディアは教育の価値をいつも間違えるのか(The New Republic)?
2011年06月12日 (日) | 編集 |
という面白い記事→http://www.tnr.com/article/economy/89675/bad-job-market-media-wrong-college-degree?page=0,0があったので少しご紹介しようと思います。

メディアは下記の記事の通り、大学や大学院を卒業する価値を疑ってきました↓↓

“Grimly, Graduates are Finding Few Jobs.” (Times, 1991). Build the lede around a recent college graduate in the most demeaning possible profession (janitor, meter maid, file clerk) and living circumstances (on food stamps, eating Ramen noodles, moved back home with parents.) Pull back to a broader thesis, like “The payoff from a bachelor’s degree is beginning to falter.” (Times, 2005). Cite an expert asserting that this is no passing trend, e.g. “ ‘We are going to be turning out about 200,000 to 300,000 too many college graduates a year in the ‘80s,’ said Ronald E. Kutscher, Associate Commissioner at the Bureau of Labor Statistics.” (Times, 1983). Finish with a rueful quote from the recent college graduate. “When I have to put my hands into trash soaked with urine or vomit, I say ‘What am I doing here? This job is the bottom. Did I go to college to do this?’ ” (Post, 1981).



しかし、大卒者の給与の中位数はこの25年間で34%、院卒者にいたっては55%増加している。さらに、大卒者や院卒者が高所得者になる確率は増加する一方で、高卒者が貧困層に転落する確率は上昇している。また、高卒や高校を卒業していない層の失業率は悪化する一方、大卒者の失業率は低下している↓↓

The inflation-adjusted median wage of bachelor’s degree holders increased by 34 percent from 1983 to 2008. (The earnings for high school dropouts, on the other hand, fell by 2 percent during the same time.) People with graduate degrees did even better, increasing their earnings by 55 percent.

In 1970, 37 percent of people with bachelor’s degrees were in the top three deciles of income. By 2007, that proportion had increased to 48 percent. Graduate degree holders went from 41 percent to 61 percent. People with only a high school diploma or less, by contrast, increasingly fell into poverty.

Even as unemployment remains stubbornly high, college graduates are the only members of the labor force whose employment rate rose during the first five months of this year.



どうして、このように教育の価値は上昇してきたのに、メディアは大学や大学院に行く価値を過小評価してしまっているのかについて→①景気循環を考慮せずに不景気の状況が永遠に続くと思ってしまっている。②技術の進歩や経済のグローバル化についてメディアが理解できていない、と筆者は主張しています↓↓

People naturally tend to project current trends into the future, missing the up-and-down nature of the business cycle. Editors know that “Thing-you-thought-was-true-isn’t-actually-true” stories boost circulation.

More importantly, the press misunderstands how the education needs of the modern economy have been augmented by technology and globalization. Many jobs involving simple, repetitive tasks have been rendered obsolete by machines.





日本のメディアも、大学生の学力を問題視しつつ、最近は大学や大学院が多すぎるんじゃないか?大学への補助金をカットすべきなんじゃないか?という論調が見られるようになってきました。日本の方がアメリカよりも高等教育の拡大が遅れたので、この手の学歴の効用に関するバイアス記事の歴史は日本の方が浅いんじゃないかな?と思います。

ただ、日本のこの手の学歴の効用に関するバイアス記事を読んでいても、この筆者が指摘する「景気循環」と「技術の進歩」の問題にはまっている記事があります。特に日本の場合、僕が生まれてきてから好景気と言えるような状況は殆ど無かったので、景気循環というのは意識しづらいものなのかもしれません。また、転職・新卒の採用形態もアメリカとは違い、この記事では大学卒業直後は仕事がなくてバーテンダーや放浪の旅に出た院卒者が20年後に立派な仕事に就いていますが、日本では新卒採用を逃すと厳しい事を考えると、景気循環バイアスが記者の中にあるのは仕方がないかなとも思います。

ただ、筆者も指摘するとおり、「技術の進歩」バイアスは日本の場合も酷いのではないでしょうか?そもそも大学でジャーナリズムを学んだ人が記者になっているわけではないし、況や大学院レベルの教育をやという状況で、日本のメディアにはアカデミアの最新の知識を反映させるという体制が全くないように感じます。また、よく考えてみると、記者がやっている仕事自体は結構ローテクノロジーな作業なので、この事も記者やジャーナリストの間に技術進歩バイアスを発生させやすくしているのかなと思います。

メディアの「学歴」の話に関して、この手のバイアスがある事を読み手は常に意識しておく必要があるのかなというのが結論です。少なくとも、学歴・学校歴・専攻歴を一緒くたに「学歴」と論じている記事はかなりの確率で間違った事を書いている感じているので、これもこの手のバイアス記事を見抜く一助になると思います。



メディアが専門ではないので素人談義ですが、僕みたいに日本国外で教育セクターで働く人が日本語で情報を発信する、というのはまさに近年の技術進歩の恩恵によるもので、まだまだ専門家としては駆け出しですが、そこらへんのジャーナリストや記者さんよりも正確な事は書けると思っています。そう考えると従来のバイアスがかかった「学歴」記事は駆逐されて、より正確な情報が出回るようになるのかなー、と思ったり思わなかったり。

まあ、平均して月に1回更新するかしないかというブロガーが言うような事ではありませんね(汗)。。。




このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/17(金) 11:38:11 | | #[ 編集]
Re: twitterの発言について
twitterで「いじめられっ子は不登校になり無職で独身人生を送る事があるぐらい一生物の精神的被害を受ける事があるのに、いじめっ子はそんな事も忘れて普通にしゃあしゃあと生きていくからね。いじめ以外にも京都教育大の事件とか日本の加害者の過保護っぷりに思う所はある、立場的に何か出来るわけではないけど。」という発言をしてますが,京都教育大が加害者にどのような処分を下したか正確にご存知ですか? ちなみに,記者会見で馬鹿な答弁をした学長は解任され,この事件自体は示談で終わりましたが,加害者と大学間の裁判は進行中です.ちなみに加害者の大学に対する訴えはすべて棄却されています.
>
twitterでに発言は,京都教育大の業務妨害するだけでなく(そんなことで大学は動じませんが),本名と輝かしいw学歴をネットで公開しているあなたのアカデミックポストへの就活を困難にするものになる可能性が高いです.この程度の注意力で世界銀行の国際公務員が務まるのかと失笑してしまいます.これは警告として非公開コメントとします

とコメントいただいた京都白足袋さんへ

ご警告ありがとうございました、しっかり心に留めておこうと思います。
2011/06/17(金) 21:51:08 | URL | RED #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。