ジンバブエでの生活の事や途上国や日本の教育政策の事について書いています(ここでの見解は個人の見解であり、所属団体の見解ではありません)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 途上国の子ども達の目の輝きと、日本の子ども達の死んだような目
2012年02月08日 (水) | 編集 |
前回の続きを書いている途中ですが、途上国にスタディツアーやボランティアに行った人達からよく聞く、「途上国の子ども達は目を輝せながら勉強しているのに、日本の子どもたちの目は死んでいる」、という言説に対して途上国は学歴社会が有効であるから子どもたちが目を輝かせて勉強している事を指摘しているのをTwitterで見かけて、面白いと思ったので少し自分の意見を書いてみようと思います。



まず、途上国が学歴・学校歴社会であるか否かですが、学歴が社会的地位を決定する所までは行かないにしても、日本と比較した場合、途上国の教育収益率は極めて高い事が実証されています。これには様々な理由があるのですが、大きな理由としては就学率の違いが挙げられます。就学率が低い途上国では教育を受けた労働者が貴重であり、日本の状況と比べてその希少性が高いために、教育の収益率が高いと考えられています。

さらに、教育需要の制約要因としては、学力要因と資金要因が挙げられます。途上国の場合、供給側の制約に加えて(学校がない)、まだまだ資金要因で進学できないケースが極めて大部分を占めるため、学力要因が進学制約となるケースが日本と比べると少ない印象を受けます。つまり、奨学金やNGOからの支援さえ得られれば、大きなチャンスを掴む事が日本と比べれば比較的容易だと考える事ができます(奨学金を得るのが難しいのですが…。)。

さらに、親が教育を受けていない=教育の価値を理解できていないケースが大半を占めるため、日本のように勉強しなさいと親や教師に言われるケースも少ないと考えられます。この辺りは家事労働や年少の兄弟の育児のために学校に行けない子ども達がまだまだ沢山いる事からも分かるかと思います。

つまり、途上国の子ども達にとって勉強する事は、アメが極めて大きい一方、アメ争奪戦が激しくなく(最近はネパールのように激しい国も出てきていますが)、かつ親によってムチを振るわれる事も稀である、と考えられます。



勘の良い人は既に気づいたかもしれませんが、日本の状況は途上国のこれと対極的な印象です。まず、日本の教育収益率ですが、教育投資は一般的な投資よりも遥かにリーズナブルな投資とは言えますが、途上国の教育収益率と比べると前述の理由によりどうしても小さくなってしまいます。

さらに、随分昔に存在した受験戦争という言葉が示すように、学校歴を得るための競争は日本ではとても激しく、良い大学に行けたとしても、勉強に費やしたコストの大きさを考えると、その便益は途上国のそれと比べると小さくなってしまいます。加えて、日本はアメリカのような国と違って授業料の安い国立大学が人気校であるため、資金制約による競争の歯止めが利かない事も競争を激化させていると考えられます(これ自体は良い事だと思います)。

また、「ゆとり」が蔑称として使われるように、日本では勉強をしていない事は社会からも厳しく非難されますし、親や教師から勉強しなさいと言われる程度や頻度が途上国の比ではない事は容易に想像がつくと思います。

しかも、学歴なんて意味がない、と平然と言ってのける人がある程度いるので、教育の便益が子ども達にとって明白なものではなくなっている印象を受けます。そして、http://bit.ly/xX6AgXを見ても、そのような大人は多そうな事が想像されます。

つまり、日本の子どもたちにとって勉強する事は、アメが小さいだけでなく、その争奪競争も極めて厳しいにも拘らず、さらに大人達によってそれが見えづらくされ、ムチだけは振るわれる事、と考えられます。


確かにこの現象の原因は、専門外なので当てずっぽうですが、核家族化の進行による家族数の減少・少子化に伴う友達の数の減少・カリキュラムといった辺りにもあるのではないかと思います。しかし、日本の子どもたちはアメが殆ど無い中ムチを振るわれ続けているのは事実です。経済発展と教育開発が進み教育の収益率が減少する事や学校歴獲得競争が厳しくなる事によるアメの減少や、経済の発展や少子化によって子ども1人あたりに対する教育投資が増加しそれと共にムチが強くなる事は、構造的な問題なのでなかなか解決は難しいと思います。

ただ、教育や学歴なんて意味がないと嘘をつき、わざわざアメを見えづらくして追い討ちをかける事はないと思います。もし途上国に行かれて、ここの子どもたちの目は輝いているのに日本の子どもたちの目は死んでいる、日本の教育を何とかしなければ、と思われたなら、まずは子どもたちに高卒/大卒の収入の違い・失業率の違い・婚姻率の違い・医療コストの違い・犯罪率の違いや学校歴別の収益率の違いを調べて、身近な子どもたちに教えてあげてアメを見やすくしてあげる事は、日本の子どもたちの目を途上国の子どもたちの目のように輝かせるために手軽に出来る大事な事だと私は思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加人気ブログランキングへにほんブログ村 教育ブログへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 この件は私もかねてから気になっていました。私自身が考えていたことはREDさんと大体同じで、途上国(急発展中の中国なども含む)では教育を受けることのモチベーションがわかりやすいから子どもたちは学習に前向きなのだろうと。これは日本の高度成長期も同様だと思います。私の両親は勉強に対して相当厳しかったのですけど、これは自らが経済的理由で教育を充分に受けられず、それによって社会的に不利益を得たと感じていたことも一因でしょう(学校に出してもらえなかった怨念も大きいでしょうけど)。
 ただ、途上国の子どもはよく学ぶという指摘は、日本の子どもが劣化しているとか、日本の教育(特に教師)が劣化しているという批判のネタに使われることがほとんどです。こういう話になるとビジネスマインドとかマネジメントとか日頃言っている人が、急にemotionalになっちゃうんですね。
2012/02/09(木) 18:39:51 | URL | shira #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「実はケータイって大したことないんじゃない?」 ドコモの大規模障害で見えてきた 消費者の潜在的批判意識|スマートフォンの理想と現実|ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/16062 古参J-PHONEユーザーにはよくわかる話 たかが電話がつながらな?...
2012/02/10(金) 06:03:05 | 障害報告@webry
前回の続きを書いている途中ですが、途上国にスタディツアーやボランティアに行った人達からよく聞く、「途上国の子ども達は目を輝せながら勉強しているのに、日本の子どもたちの目は死んでいる」、という言説に対して途上国は学歴社会が有効であるから子どもたちが目を輝...
2012/03/22(木) 17:05:46 | まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。