ジンバブエでの生活の事や途上国や日本の教育政策の事について書いています(ここでの見解は個人の見解であり、所属団体の見解ではありません)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 実物のジンバブエドル
2013年03月21日 (木) | 編集 |
以前ご紹介したのですが(ハイパーインフレーション後のジンバブエでの買い物の様子)、現在ジンバブエは複数通貨制度を取っており、主に南アフリカランドと米ドルが流通しています。例えば、郵便局で切手を買うと、米ドルで代金を支払うのですが切手の額面は南アフリカランドになっていたりするのが典型例です。

主に米ドルと南アフリカランドと書きましたが、大きなスーパーではボツワナの通貨も、イギリスのポンドも、ユーロも使えるという状況です(日本円は銀行での両替すら無理ですが。。。)。中国人のこの地でのプレゼンスを考えると、近い将来きっと中国元も使えるようになるのではないかと思います。



このような感じなので、日本でもとても有名なジンバブエドルはもう使われていませんし、日常生活をしていて見かける事も一切ありません。しかし、この前我が家に青年海外協力隊の方々をご招待した時に、ご丁寧にも昔のジンバブエドルをお土産に持ってきてくれて、かつジンバブエドルを今でも入手できるお店を教えて頂きました。

DSCN0832.jpg
というわけで、上の写真は青年海外協力隊の方々がくれた、2001年当時に発行されたジンバブエドルです。10、20と書いてありますが、これは10セント・20セント硬貨です。当然と言えば当然なのですが、2001年当時はまだこういった小額の硬貨に対する需要があったわけですね。

そして今週探検がてらとあるマーケットをぶらついてみた所、日本で言う骨董品屋みたいな所があって、そこに実物のジンバブエドルがあったので、購入してみました。

ジンバブエドル1

ジンバブエドル2

上の紙幣は2007年に発行されたものです。

ジンバブエドル3

DSCN0872.jpg

上の紙幣は2008年に発行されたものです。

DSCN0833.jpg

そして上の写真は、発行された中で最も高額である100兆ジンバブエドル札です。その他のジンバブエドルを入手したマーケットとは別の繁華街の、とある時計屋さんで1枚2US$で売っていました(協力隊の人達はどこでそんな情報を入手してきたのでしょうか、凄い情報網ですね。。。)。このようにいざジンバブエドル札を目の当たりにすると、わずか7年でセント硬貨の需要があった国が100兆ドル紙幣を発行することになるとはと、改めて驚きを感じざるを得ません。

また、世界史の教科書で習うドイツのハイパーインフレだと、お金を山のように積んで買い物をする写真なんかが掲載されていると思うのですが、このジンバブエドルがほぼ未使用の新品である事が示唆するように、ジンバブエのハイパーインフレ下ではお金を刷るのが間に合わず、殆どこの手のジンバブエドルは市中に出回らず、物々交換の経済がメインになっていったようです。

この夏には選挙が控えていて、外務省さんの方からも注意喚起が出ているのですが、何事もなくスムーズに物事が運び、二度とハイパーインフレのような悲劇を経験せずに順調に経済発展していってくれる事を願っています。

おまけ
ジンバブエがまだ南ローデシアだった頃の紙幣も発見しました。店員さんも触る事をかなり躊躇していたぐらいなので、貴重な品のような感じがします。この骨董品屋の店員さんは値段をふっかけてくる事も無く、丁寧に説明もしてくれたので、掘り出し物を求めてちょくちょく通ってみようと思います。。。
DSCN0865.jpg

DSCN0866.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。