ジンバブエでの生活の事や途上国や日本の教育政策の事について書いています(ここでの見解は個人の見解であり、所属団体の見解ではありません)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 早生まれはプロ野球で活躍できないのか?7.早生まれはサッカー日本代表で活躍できないのか?&まとめ
2011年12月26日 (月) | 編集 |
前回までプロ野球選手の生まれ月に関して、学歴・選手数・打撃成績・投球成績の観点から見てきました。分かった事の主な点として、①4-6月生まれのプロ野球選手は、早生まれのプロ野球選手の倍以上の人数がいる。②4-6月生まれと早生まれを比較すると、早生まれにおいて高卒選手が少ない(投手限定)。③4-6月生まれのプロ選手は人数は多いが平均成績が悪い。④早生まれはプロ野球選手の人数は少ないものの成績は平均かそれ以上のものを残している。⑤4-6月生まれのプロ野球選手は多く早生まれは少ないように、プロ野球選手の人数は生まれ月によって歪みがあるものの、打撃タイトルを取れるか否かはあまり生まれ月と関係ない。⑥投手タイトルについては生まれ月ごとの選手数の分布とタイトル獲得人数の生まれ月の分布は似たものとなっている。といったものでした。

今日は、他のスポーツでも似たような事が言えるのか、サッカーを事例に少し考えてみようと思います。



プロサッカー選手の人数と生まれ月の関係はこちらのサイトでもまとめられていますが→http://www3.mahoroba.ne.jp/~masayosi/lailaps/essay/001.html、4-6月生まれのプロサッカー選手は早生まれのプロサッカー選手の2倍以上いて、4月生まれと3月生まれの比較に限ると、その差は三倍強になっています。

上のHPは、プロ野球選手編の結論①と同じ事を示しています。では、その他の結論についても同じ事が言えるのでしょうか?サッカーは野球ほど成績を数値化しやすいわけではないので、Jリーグ設立以降のサッカー日本代表選手で、代表の試合に10試合以上出場した選手を、野球のタイトルを取れる位優秀な選手のサッカーにおける代理指標として、生まれ月の分布を考察してみようと思います。

Jリーグ設立以降に日本代表として10試合以上出場した選手は全部で98名います。各四半期生まれごとに対象選手数を見ると次の様になります→4-6月生まれ:29名(30%)、7-9月生まれ:35名(36%)、10-12月生まれ:15名(15%)、早生まれ:19名(19%)。4-6月生まれのプロサッカー選手が、早生まれのプロサッカー選手の倍以上の人数がいることを考慮すると、それほど4-6月生まれのプロサッカー選手が活躍しているとも、早生まれが活躍できていないとも言いづらい数字です。



では、もう少し条件を厳しくして、日本代表で20試合以上出場した選手・50試合以上出場した選手の誕生月の分布を見てみましょう。まず、サッカー全日本代表として20試合以上出場した選手の生まれ月の分布を見ます→4-6月生まれ:19名(26%)、7-9月生まれ:29名(40%)、10-12月生まれ:9名(12%)、早生まれ:16名(22%)。

次に50試合以上出場した選手の誕生月の分布です→4-6月生まれ:9名(26%)、7-9月生まれ:14名(41%)、10-12月生まれ:2名(6%)、早生まれ:9名(26%)。

サッカー全日本代表として10試合以上出場した選手の誕生日月の分布と比べて、20試合以上・50試合以上全日本代表として試合に出場したより優秀なサッカー選手の誕生月の分布では、4-6月生まれの選手数と早生まれの選手数の差が殆どなくなっています。これは、4-6月生まれのプロサッカー選手が早生まれのプロサッカー選手の倍以上の人数がいる事を考慮すると、驚くべき数字だと思います。さらに、主な早生まれの選手を見てみると、KING KAZUや中田選手、遠藤選手、中澤選手といった超一流どころがポジションを問わずに揃っています。



根拠はやや不十分ではありますが、早生まれは選手数が少ないのに、サッカー全日本代表の試合に20試合以上も出場できている選手数では4-6月生まれと引けを取らない事から、サッカー界における生まれ月の影響は野球界の野手と似たような傾向があるのではないか、と考えられます。サッカーのスカウトにおいても、4-6月生まれの選手をスカウトする場合、その選手が突出して見えるのは真の実力によるものなのか、それとも1年分の身体的・精神的・頭脳的成長差によるものなのか見極める必要があると考えられます。

また、早生まれの子どもであっても、全日本代表で活躍できるような才能を持っていれば、それは生まれ月に関係なく如何なく発揮されるものなので心配はないのですが、全日本代表にはなれないけれどもプロとしてやっていけれる程度の才能の子には影響が出てくるので、家庭・学校・スポーツ少年団やユースでの配慮が必要だと考えられます。



これまで、野球とサッカーでの状況から早生まれはプロ野球選手として活躍できるのか見てきましたが、確かに早生まれはプロ野球の選手になりづらいものの、とりあえずプロに成れてさえしまえば、生まれ月に殆ど左右される事なくプロとして活躍できるようです。しかし、プロ野球選手になれるか否かが生まれ月によって左右される現状は、プロ生活において早生まれが不利を受けていない事・人数が一番多い4-6月生まれの成績が低い事、から養成・選抜段階において早生まれが不利を受けていることを示唆しています。野球少年が生まれた月によってプロ野球選手になれる確率が大きく違ってしまうこと・より高いレベルのプレーをファンは望んでいるのにそれ相応の選手が入団していない事、は許容されるべき事ではないと僕は考えます。

学力に関して、早生まれが被る不利の程度は留年の有無や入学を遅らせるせる事が出来るか否かの2点に左右されると言われています。日本の自動進級制・入学遅滞の禁止に代表される硬直した教育システムは、確かに教育資源を効率的に使用する事ができるメリットはあるのですが、早生まれに代表される不利を抱えた子どもに対して教育資源を効果的に使用する事ができないというデメリットも存在します。

学力に関しての研究状況から、早生まれの子どもがプロ野球選手になりづらいという現状を変えるためには、留年・入学遅滞が許されるより柔軟な教育システムを取り入れていくか、現在の公平な教育システムから不利を抱えた子どもに教育資源を集中的に投資する公正な教育システムへの転換が求められると考えます。

と、結論を述べた事ですし、婚約者さんも日本から帰ってきたので、このシリーズはこの辺りで終了しようと思います。来年も1人のプロ野球ファンとして好珍プレーを期待しつつ、プロ野球を楽しもうと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

 早生まれはプロ野球で活躍できないのか?6.タイトルホルダー編
2011年12月21日 (水) | 編集 |
前回までで、4-6月生まれのプロ野球選手は早生まれの倍以上の人数がいるものの、パフォーマンスを見た場合、早生まれは平均に近い成績を残すものの4-6月生まれの選手群の成績は平均以下となる事が分かりました。最後に歴代の打撃三冠及び投手三冠のタイトル保持者の生まれ月の分布を考察する事で、早生まれもプロ野球でもずば抜けた活躍が出来るのか?を検証しようと思います。

まず、打率・ホームラン・打点の打撃三冠から検証します。この分析では、これまで同様cut-off dayがよく分からない外国人選手及び外国で教育を受けたことがある選手は分析対象から除かれます。この結果小さい頃に大ファンだった中日の大豊選手などは分析対象から泣く泣く除いておきました。



まず、野手の生まれ月ごとの首位打者のべ獲得回数から見ます→4月:12回、5月:10回、6月:11回、7月:5回、8月:7回、9月:5回、10月:17回、11月:2回、12月:16回、1月:6回、2月:9回、3月:3回、となっています。各四半期ごとだと、4-6月生まれが33回、7-9月生まれは17回、10-12で35回、早生まれは18回となっています。

次に、本塁打王です→4月:8回、5月:21回、6月:12回、7月:1回、8月:7回、9月:1回、10月:7回、11月:8回、12月:12回、1月:3回、2月:10回、3月:3回、となっています。各四半期ごとだと、4-6月生まれが41回、7-9月生まれが9回、10-12月生まれが27回、早生まれは16回となっています。

最後に打点王です→4月:9回、5月:21回、6月:11回、7月:3回、8月:5回、9月:2回、10月:7回、11月:4回、12月:12回、1月:6回、2月:11回、3月:3回となり、各四半期ごとでは4-6月生まれが41回、7-9月生まれが10回、10-12月が23回、早生まれが20回となっています。

各四半期生まれごとの合計ののべ打撃タイトル獲得数は、4-6月生まれが115回、7-9月生まれが36回、10-12月が73回、早生まれは54回となっています。4-6月生まれの選手は早生まれ選手の倍以上の人数がいたように、打撃タイトル獲得回数で見ても4-6月生まれは早生まれの倍以上の回数を獲得しています。

この結果から、早生まれは選手数が少ない分、打撃タイトルを獲得できるようなずば抜けた才能を持つ選手の数も少ない、と結論付けられるかというとちょっと難しいところがあります。確かに、4-6月生まれのタイトル獲得数は多いのですが、これは5月生まれで打撃タイトル獲得回数第1位の王貞治氏の貢献がかなり大きなものとなっています。1950年から2011年までで分析対象選手が打撃タイトルを獲得した回数は278回ですが、そのうち33回は王貞治氏によるもので、実に打撃タイトルの約12%は王貞治氏ただ一人によって獲得されたものとなっています。ちなみに、打撃タイトル獲得回数第二位は6月生まれの野村克也氏による16回(全体の6%)なので、王貞治氏の突出振りは驚愕です。タラレバはあり得ませんが、仮に王貞治氏が早生まれだったとするとそれだけで倍以上の差があった4-6月生まれと早生まれの差が逆転してしまいます。。。

この点を考慮するために、打撃タイトルのべ獲得回数ではなく、各四半期ごとに打撃タイトルを獲得した事がある人数を見てみると次のようになります→4-6月生まれ:26人、7-9月生まれ:21人、10-12月生まれ31人、早生まれ21人。確かに、早生まれは4-6月生まれの野球選手数の半分以下しかいませんが、打撃タイトルを獲得できるようなずば抜けた活躍をしている選手の人数では、早生まれも4-6月生まれとそれほど遜色ありません。つまり、打者に限って言えば、打撃タイトルを獲得するような打者に成れるか否かは、プロ野球の野手に成れるか否かと大きく異なり、生まれ月とほとんど関係ないということです。



次に投手の分析に移り、まずは最優秀防御率です→4月:15回、5月:20回、6月:9回、7月:11回、8月:12回、9月:16回、10月:6回、11月:8回、12月:7回、1月:3回、2月:9回、3月:4回、となっています。四半期ごとだと4-6月生まれ:44回、7-9月生まれ:39回、10-12月生まれ:21回、早生まれ:16回となっています。

次に最多勝を見ます→4月:11回、5月:16回、6月:17回、7月:12回、8月:21回、9月:20回、10月:6回、11月:7回、12月:5回、1月:4回、2月:11回、3月:6回となっており、4-6月生まれ:44人、7-9月生まれ:53人、10-12月生まれ:18人、早生まれ21回、となっています。

最後に奪三振王です→4月:5回、5月:6回、6月:2回、7月:6回、8月:8回、9月:8回、10月:2回、11月:1回、12月:1回、1月:0回、2月:2回、3月:2回。4-6月生まれ:13回、7-9月:22回、10-12月:4回、早生まれ:4回。 

各四半期ごとの投手タイトル合計獲得回数は、4-6月生まれが101回、7-9月生まれは114回、10-12月生まれが43回、早生まれは41回となりました。打撃タイトルと同じく、投手タイトルにおいても、4-6月生まれと早生まれのにおいて倍以上のタイトル獲得回数差が存在する事が分かります。しかし、投手においては打撃における王貞治氏のような傑出した存在はいません。

この事は各四半期生まれごとの投手タイトル獲得人数でも顕著に示されます→4-6月生まれ:49人、7-9月生まれ:48人、10-12月生まれ:22人、早生まれ:24人と、投手タイトル獲得数同様、投手タイトル獲得者数でも4-6月生まれと早生まれの間で倍以上の差が開いてしまっています



このシリーズの第2話でも、高卒割合は投手では生まれ月によって統計的に有為に違い、野手ではその有為性がなくなる事に言及しましたが、タイトル獲得者数においても投手では生まれ月によって差がつき、野手では差がつきませんでした。つまり、野手よりも投手において生まれ月の影響は大きく出るという事です。この理由は…、正直皆目見当もつきません。。。申し訳ありません。。。完全な推測ですが、小学校や中学校の部活でピッチャーをやる子はその学年で一番野球が出来る子(≒早生まれではない)、だと思うのですがこれが何らかの影響を及ぼしているのかな?と推測します。。。



明日には婚約者が帰ってくるので、このシリーズは次回で終わりにして通常運転に戻ろうと思います。次回は補論として、早生まれはサッカー日本代表を背負って立てるのか?を考えつつ、早生まれとスポーツ教育についてまとめようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ人気ブログランキングへ

 早生まれはプロ野球で活躍できないのか?5.投手編&東大生と生まれ月
2011年12月18日 (日) | 編集 |
今回は早生まれの投手が投球成績においてどうなのかを見ます。

まず、各生まれ月の投手が合計でどれぐらいの投球回数を投げているのか下の表14で分析します。
表14
上の表では、投手一人当たりの平均投球回数は生まれ月によって偏りがないと仮定して検定をかけていますが、統計的に有為に投球回数は生まれ月によって偏りがあるようです。早生まれの投球回数が少ない一方で、特に4-6月生まれの投球回数が多いです。早く生まれた投手ほど(≠早生まれ)一人当たりの投球回数が多く、打者の打数とは異なる結果となっています


次に防御率を確認します。防御率は投手が1試合(=9イニング)投げたとしたら何点自責点を取られるか?という指標で、今シーズンの防御率は3.04と統一球効果が如実に現れた数字となっています。各生まれ月ごとの防御率は4-6月生まれは3.15、7-9月が3.02、10-12月は2.92、早生まれが3.02となっています。早生まれの防御率はほぼ平均と同じです↓
表15
投手一人当たりの失点数は統計的に有為に誕生月によって一律ではなく、4-6月生まれの投手の失点が目立ちます。しかし、投球回数辺りの失点を見ると統計的な有為性は見出せなくなり、4-6月生まれは投球回数が多い分失点も多いという程度に留まっています。


次は奪三振率です。下の表でまとめましたが、平均奪三振率6.86に対して、4-6月生まれは6.78、7-9月生まれは6.62、10-12月生まれは7.29、早生まれが6.70となっています。防御率と違い、奪三振は生まれ月によって統計的に有為に歪んでいます。4-6月生まれも早生まれもほぼ平均程度ですが、10-12月生まれが突出しています↓
表16


被本塁打についても見ましょう。被本塁打率は投手が9イニング投げた時に平均で打たれるホームランの本数です。平均が0.58で4-6月生まれが0.62、7-9月が0.57、10-12月が0.52、早生まれ投手が0.61です。この数字を見ると、統一球に変わって本当にホームランが激減したことが見て取れます。また、ここでも4-6月生まれ投手の成績が最も悪く、10-12月生まれの成績が最もよくなっています。が、これも統計的に有為な水準とまでは言えません↓
表17


次に、セイバーメトリクスでよく使われ、大リーグの球場でも投手の指標として防御率と共に現されているぐらいメジャーなWHIPを見ようと思います。WHIPは1イニングにどれだけヒット・四球でランナーを出してしまうか?という指標です。ですが、WHIPを算出するためにまずは被安打と四球の数が必要なので、これらについて考察します。

下の表18は投手の生まれ月ごとの被安打数の合計です↓
表18
表で計算されているように、被安打数は10%水準で統計的に有為に生まれ月の間で一律ではないことが分かります。早生まれは極めて平均的な数字を残しています。その一方でやはり4-6月生まれの投手陣が、理論値よりも100本以上も多くの安打を打ち込まれており、よく打たれていることが分かります。また、10-12月生まれ投手陣はここでも優秀な成績を示しています。

次に、四死球の数を下の表19で観察します。
表19
四死球の数も被安打数同様10%水準で統計的に有為に生まれ月によってその数が歪んでいます。早生まれは他の生まれ月の投手と比較するとややノーコンピッチャーが多いようです。また、またしても10-12月生まれ投手陣は極めて優秀な成績を残しています。4-6月生まれの投手陣はコントロールは標準的なようです。

それではWHIPを下の表20で観察します。WHIPでは死球の数は考慮しないため、四死球を計算した上の表19とは値が異なっています↓
表20
WHIP平均は1.19で、4-6月生まれは1.23、7-9月生まれは1.18、10-12月生まれが1.14、早生まれは1.21となっています。やはり、10-12月生まれが抜群の成績を残し、4-6月生まれと早生まれの投手陣の成績が少し悪いようです。



こうして投手系の指標をいくつか分析してみましたが、野手陣の打撃成績ほどには顕著に生まれ月によって成績が歪んでいませんでした。その中でも、10-12月生まれの投手陣が良い成績を収め、打撃成績と異なり早生まれの成績は平均よりも若干悪く、打撃成績と同様4-6月生まれの成績は悪いものでした

投手と野手の成績を分析してみると、早生まれは確かに選手数は少ないものの一軍の試合に出るようになれば、他の生まれ月と変わらない成績を残すことが分かりました。この事は早生まれの運動神経が4-6月生まれと比べて悪いというわけではなく、相対年齢効果が残る段階で選抜が行われたり、自ら諦めてしまう事で、早生まれのプロ野球選手が少なくなってしまっている事を示唆していると考えられます。

その一方で、4-6月生まれの選手は、1年間の肉体的・精神的・頭脳的アドバンテージを活かし、そのアドバンテージにより自信を持ち、野球名門校への進学などの選抜過程を潜り抜け、多くプロ野球選手になっているのですが、1軍で出場するぐらいの年齢になると、1年間の肉体的・精神的・頭脳的アドバンテージが相対的に小さいか殆どなくなってしまっており、イマイチ活躍できていない選手が多いようです。



これらの結果から考えると、相対年齢効果は早生まれにはもちろん不利に働くのですが、生まれ月が早い4-6月生まれに対しても、本来の実力以上のシグナルを持たせる役割を果たしているのかもしれません。これは、スポーツだけではなく、勉強面にも言えることかもしれません。プロ野球を目指すには中学時点で野球の名門高校に選抜されなければ難しいように、東京大学の学生の7割が中高一貫校出身者であるように、小学校高学年の時点、遅くとも中学卒業時点には名門高校に選抜されなければ極めて狭き門となります。この事から推測されるのは、やはり東京大学には早生まれの学生が少なく、東京大学卒業してるのに…とけちをつけられる卒業生は4-6月生まれが多いのかもしれません。この議論、僕自身は3月生まれ・公立高校出身・現役で東京大学に入学したので主観的には全然ピンと来ず、データもないし正直言って全く自信のない主張なのですが。。。

婚約者様がまだ日本滞在中なので、暇つぶしシリーズをもう少し継続して1950年以降の打撃タイトル(首位打者・ホームラン王・打点王)と投手タイトル(最優秀防御率・最多勝・最多奪三振)獲得者の生まれ月を見ることとします。データは用意してあるのですが、王さんの傑出度には正直驚きました。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。